TOP > 東京が変わる[特集2]

東京が変わる。

インフレ政策、マイナス金利。民泊

インフレ政策、マイナス金利。民泊 まずは、国の施策。
マイナス金利により、住宅ローンの金利がさらに引き下げられ、不動産取得の障壁が下がっております。また、インフレターゲット政策により消費が加速する事が考えられ、個人の不動産投資が増える可能性が高いです。さらには、民泊への制度整備、これにより、民泊にしようする不動産の需要が高まりそうです。
インフレターゲット政策にはじまり、マイナス金利、民泊需要への対応など、枚挙にいとまがない。

外国人、外資企業のインバウンド

外国人、外資企業のインバウンド 次は、インバウンド需要。
2020年を一つのタイミングとして、外国人観光客が増加する事が予想されます。 さらにインバウンド消費に着目した外資企業の日本への投資プロジェクトも増加してきており、2003年からのトータルでも1万件を超えております。
外国人観光客や、日本に進出する企業が増え、そのターミナルとなる空港周辺物件への注目は集まるばかり。

東京再開発—リニア、品川周辺再開発—

東京再開発—リニア、品川周辺再開発— 最後は、別の特集でも取り上げたが、東京の再開発。
2020年に向けて急ピッチで進められている東京再開発。
とりわけ、羽田空港へ至近である品川周辺の再開発に注目が集まっている。
また、品川駅周辺は、2020年以降もリニア新幹線の開通も控えており、長期にわたり期待できるエリアだ。