TOP > マンション経営 > ステージファーストシリーズの安心施工

ステージファーストシリーズの安心施工

耐震基礎構造・ダブル配筋・閉鎖型フープ構造

はじめに

東日本大震災という予測し得ない規模の地震がおきました。
震災後当グループでは、即座に施工中の全物件の目視検査、躯体の超音波試験、コア抜きコンクリート強度試験などを行い全ての物件が安全であることを確認いたしました。
こうした震災への備えもあり、オーナー様、投資家の皆様にとっても、よりいっそうの建物の構造に関する関心が深まっています。

本レポートでは、マンション経営をおこなうにあたって基本的な問題の一つとして投資マンション物件の耐震性や施工品質の問題。
また専任のベテラン一級建築士による厳しい品質監理体制についてご紹介いたします。

ステージファーストシリーズの安心施工
当グループが提供する「ステージファースト」「ステージグランデ」「グランドコンシェルジュ」の各シリーズにおいては、
入居者様の安全とオーナー様の大切な資産を守るために関連法規に遵守し、新耐震基準に基づいたマンションをお届けしています。
・耐震基礎構造について
 地震に強い建物を造るため、事前に綿密な地盤調査を実施し、一例ですがコンクリート杭を強固な地盤に打ち込む杭基礎工法を採用。強固な支持層までしっかり打ち込むことなどで堅固な基礎構造を実現。確かな構造で、居住者の快適な毎日を支えます。
・構造体の耐久性を高めるダブル配筋
 建物の主要な壁や床は、コンクリート中の鉄筋をダブル配筋を施工。壁や床の強度を高め、建物の耐久性をアップします。
・閉鎖型フープ構造を採用
 躯体柱には、継ぎ目をあらかじめ工場で溶接した帯筋を使用する「閉鎖型フープ構造」を採用。震災時のせん断破壊にも強く、被害をより小さく抑えます。
東日本大震災(M9.0)で壊れた建物は?
震度7が観測された1985年の阪神大震災(M7.3)や2011年の東日本大震災(M9.0)において、新耐震基準で設計された(1981年以降に着工された)建物で、内部にいた人が避難する間もなく建物が崩壊したというケースはほとんど報告されていません。
新耐震基準
1981年(昭和56 年)に建築基準法が改正され、現行の「新耐震基準」が施行されました。
それ以前に建設された建物を旧耐震基準といい、それ以降を新耐震基準といいます。新耐震基準が定めているのは、「弱い震度7の地震で倒壊しない」「強い震度7の地震でも倒壊しない」という範囲です。これに対して、旧耐震基準が定めていたのは、おおむね「震度6弱程度の地震が来ても建物が倒壊しないこと」です。

PRESTIGEオーナー倶楽部

WEBサービスを通して賃貸管理をサポート、オーナー様の資産管理ツールです。

  • ログインページへ